イカ釣りのつもりが・・・(甑島・川内沖)2005/8/30

 台風13号の進路を気にしながら待ったイカ釣りの日。小林から7名、車に分乗し1時半ごろ出発。私にとっては幾年ぶりのイカ釣りだろうか?釣れることを皆夢見期待しながら川内漁港に向かった。船は第五生幸丸。もちろん私は初めての船だ。ここから甑島周辺まで行き、イカを狙う!。明るいうちはイサキでもと釣り始める。皆数回ほど当たりがあり順調な滑り出しと思っていた。私も1尾のチダイをゲット!後は風と潮次第?。だんだん日も落ち暗くなってこれからイカ釣りと思った途端、船頭さんが波浪警報が出たから川内へ引き返すと言い出した!今からと言う時に・・・。川内で釣れればわざわざここまで来るはずが無い!皆渋い顔だったが致し方ない。イカが絶望的になってきた。2・3回瀬を移動するが、まったくイカのイの字も出ない。結局後にも先にも私はチダイ1尾だけだった。トホホ! イカの塩辛が夢となった。

川内港。荷物・道具を降ろし船に積み込む 雨靴に履き替えて
遊魚船。これで甑島近辺へ 中央に写っているのは火力発電所の煙突
こちらは原子力発電所。いろいろ意見があるが、電気は無くてはならない 甑島が見えてきた
竿と仕掛けを準備して、たくさん釣ろう!右はFさん左はMさん お腹を出し威張っているのはSさん
私の師匠 向うがKさん手前がサボテン園沖でも一緒だったHさん
師匠に当たり。イサキが釣れた もうすぐイカ釣りか?
チョット棚とり 師匠 皆 自分の世界へ いろいろ試す
皆一生懸命! 目が見えん!と言いながら老眼鏡を付けたり外したり・・Fさん
イカも釣れず、霧島に酔い船に酔い一時の夜寝。マイペースMさん つれます?うんにゃー!?
オッ!イサキ Hさん こうなったら何でもいい釣れれば! Hさん
師匠のクーラー2・30尾? 霧島がきれて酔いが醒め再び挑戦! Mさん
アイナメ? 奥 Kさんも頑張っている。キビナゴで鯛?イサキ?つれるかな〜?
すっかり酒酔いから醒めたMさんニッコリ!四季彩館着 もう次回の話?
ここで解散 帰って風呂に入らなきゃー!